切手売る

切手売る方法

 

 

 

 

 

 

 

 

切手は昔からメジャーな趣味の一つで、増えはしても減ることなく、レアものであれば、買取の時、驚くほど高価な価格で売れることも夢ではありません。
買取価格が業者によって変わることは常識で、できる限り高い買取価格で切手を売ろうと考える方、あちこちの業者の査定を受けられるようにして、比較検討することをおすすめします。

 

 

例年、梅雨の時期になるとカビのことが気がかりです。幸いにも今年の被害は少なくて、掃除も終われるなと思っていたら、父が生前にこまめに整理整頓していた切手シートやバラ切手、記念切手類を含めたいろいろな種類の切手のアルバム数冊が出てきました。

 

 

 

見た目は特に傷みは感じませんが、このまま継続してうちに置いていても質の低下が心配です。

 

いずれ近いうちに、買取に出したとしても許してもらえるタイミングになったのでしょうか。

 

 

銀行では破損した紙幣を交換してもらうことが出来るというのはよく知られていますが、それならば切手が破れたらどうすればいいのでしょう。
郵便局は破損切手の対応というものはしていないのです。

 

 

それならば、破れてしまった切手はどうなるかというと破れ方が極端な場合は使えませんが、ほんの少しだけ破れたくらいで額面の表示がちゃんと確認出来る切手ならそのまま使っても大丈夫でしょう。ですが切手を業者に売ることは不可能に近いです。従来の場合、切手の状態を鑑みて、本来の切手の額面からいくらか引かれた金額が切手の買取の時の価格になるでしょう。

 

ただし、収集家に人気の切手は、付加的価値がついており額面以上の金額となることも多いでしょう。

 

どのくらいの価値があるのか分からない様な切手を買い取ってもらいたい時には、ネットでリサーチするか、切手買取業者にみてもらうといいですね。切手コレクションがかなりの量である時には自分でお店に持っていくよりも、出張買取を使うという方法が、賢い買取のコツです。近頃は、切手の買取を専門としている業者もできて、出張買取に積極的な会社も増加しています。

 

出張買取の長所といえば、店に行く時間を省くことが出来て、ゆっくり時間をかけ、査定を行ってもらえるという点です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイセル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイセルは着物や切手・ブランド品など使わなくなったお品物をご自宅まで無料で出張・査定・買取するサービス

 

 

 

 

 

日本全国無料で出張査定※一部宅配査定

 

 

 

 

 

 

自宅で直接査定買取・外に出ずとも気軽に買取査定ができる

 

 

 

 

 

 

金額に納得ならその場で現金渡し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイセル 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://www.speed-kaitori.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福ちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【切手をどこよりも高く買取る自信があります。】がキャッチコピーの福ちゃん

 

 

 

 

 

シート・バラ・記念切手・中国切手・外国切手・プレミア切手など、どこよりも高く買取る自信あり

 

 

 

 

 

 

利便性に合わせて3つの選べる買取方法

 

 

 

 

 

1.店頭買取 2.出張買取 3.宅配買取

 

 

 

 

 

 

 

 

福ちゃん  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

https://fuku-chan.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウルトラバイヤー

 

 

 

 

 

 

ウルトラバイヤーおすすめポイント

 

 

 

 

 

最短30分で現金化できる驚きの買取スピード

 

 

 

 

宅配も出張も、かかる費用はすべて無料

 

 

 

 

査定に納得いただけなかった場合はもちろんキャンセルOK

 

 

 

 

 

アジア各国に店舗展開・バイヤーと提携しており、国内よりも値がつきやすいため、お客様への買取査定額が高額

 

 

 

 

 

 

 

ウルトラバイヤー 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

https://plus.ultra-b.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大体の切手の買取においては、売る予定の切手を買取業者に持ち込む店頭での買い取りが一般的でしたがここ最近の傾向として増えつつあるのが、出張や宅配を通して買取を行うお店です。もしも売ろうと思っている切手の量が多い場合、業者まで持ち込むというのは楽なことではありません。

 

 

それだけでなく、ご自宅と店が離れているという方の場合も、交通費をかけて長時間かけて来られるよりも、買取のために出張や宅配を利用した方がいいと思います。あなたが切手を業者に売ろうとするとき、切手買取の業者に直接手渡すというやり方以外にも依頼すれば宅配買取という方法を使うことが出来ることもあります。その方法を利用する時には宅配料金を負担してくれたり、梱包材の提供までしてくれたりする買取業者も多数存在しています。しかし、買取に出す切手の枚数が少ない場合は、この限りではありませんので、注意しましょう。
切手を収集する人がいるという事を発行者もよくわかっており、切手というものには作るのにそんなにコストはかからないため折に触れて記念切手が発売されます。
そういう風な経緯で発行された記念切手というものは高価買取が実現することもままありますが記念切手でも、手に入りやすいものならばそこまで高く買い取られることはないでしょう。

 

高く売れるだろうと思い込まずに査定してもらうことをオススメします。切手を買いたい人は案外多く、集めている人にとっては非常に価値があります。

 

切手買取専門業者も多く、レアな切手を高値で買おうとしており少し考えてみただけでも市場はかなり広がっていることを考えが及ぶのではありませんか。

 

近年では、インターネットが普及してきて、取引市場がネットを介していっそう拡大し、これから、店舗内外での取引がさらに増えるでしょう。

 

 

 

一般的な切手買取業者においては、プレミア切手という呼び名の切手の買取も承っています。プレミア切手というのは、明治・大正・昭和戦前戦後の頃に作られた切手のことで、「見返り美人」であったり、「月に雁」というものであったりが著名です。

 

 

なかなかないものなので、シートとしてでなくバラであっても高値が付く可能性もないとは言えません。切手収集が趣味だった方の遺留品が残っていたり、使用する機会のない切手がそのままになっていれば、「そうだ、切手を買い取ってもらおう」と思い立つ人も中にはいるでしょう。

 

 

その様な場合に、どういう風にして買取業者をチョイスするかが問題になってきます。収集家でない限り、一般的に詳しい人は少ない分野だと思いますので、過去の切手買取の実績がどうなのかや、口コミはどうなのかも鑑みて、どの業者にするかを絞っていくのがいいでしょう。大量に集めることが多い切手のようなものの場合、そうやって収集したものをいっぺんにお店で買い取ってもらおうとする時は査定にそれだけ時間がかかることになり待ち時間が長くなることがあります。その点からいうと、切手をネットで査定してもらう方法はどこにいて何をしていても、手続きしてもらえるので、とても役立つ方法です。

 

 

切手を買取してもらいたいという場合には店頭に持っていくやり方と、インターネットを使った方法があります。

 

業者に持っていく方法だと往復する時間や、待っている間の時間がかかってしまいますがいい点もあり、それはその日のうちに買い取ってもらえるということです。

 

ですが、買取額には、業者間で差がありますので高い値段で売りたいのなら、ネットを使った方が良いと思います「一度使った切手に価値なんかない」と考えている人もいるかもしれませんが案外、予想外の結果になるかもしれません。とりわけ、古くても保存の状態が良好で集めている人にとっては魅力的なものだった場合、「もうこの切手使ってあるけれど」という場合でも売れることがあります。万が一ご自宅にその様な切手が眠っていたら、一か八か、切手を買取ってくれるような業者に問い合わせをしてみることをすすめます。

 

何かしら物を買取に出す場合に気を付けることは、どのような状態で保管してあったのかが大事になってくるということです。切手を買い取ってもらう場合にもあてはまることで色褪せや破れによって買取価格が安くなってしまいますよね。
入手が困難な切手であれば手に入れたいというコレクターも少なくはないかもしれません。もし自分は無関心だった場合、杜撰な扱いをしてしまうかもしれませんが、大事に扱ってくださいね。お年玉付き年賀はがきで記念切手をもらえることは多く、毎年少しずつ増えていました。考えてみると、官製はがきを使うことはありますが、後は電子メールで年賀切手を貼るような文書はなく、切手を貯めておいても仕方ないと思いました。身近に金券ショップがあり、仕事のない日に、年賀切手を全部持ち込んでみました。

 

身分証明書の提示の他、書類を読んで署名させられましたが、貯まっていた切手でお小遣い稼ぎができたので少しリッチになりました。

 

 

 

切手コレクションが趣味の人は世界中に裾野を広げており、死蔵されていた切手も、買取査定を受けると額面の合計を上回る金額を提示されることも珍しくありません。

 

 

どんな買取でもそうですが、価格は業者によって変わるのでがんばって最高の値段で手持ちの切手を売ろうとすれば、あちこちの業者の査定を受けられるようにして、一番高値をつけるところを探してください。
普通は切手の状態から判断して、額面の金額より数パーセント引いた額が切手の買取価格となります。けれども、マニアにとって希少価値が高いためプレミア的になっている切手は金額が跳ね上がることもあります。

 

「この切手売りたいけど、どのくらいの価値があるのか?」という人はネットでリサーチするか、切手の買取を行っている業者に評価してもらってください。郵便局で、書き損じた葉書を交換してくれます。
その際、切手と交換すると、買取が有利です。

 

金券ショップよりも、専門業者で売れるようにするためシートになる枚数をためてから郵便局で引き換えるのがポイントです。

 

 

 

同じ切手の査定でも、買い取り店によっては買取価格はずいぶん違っています。複数の業者に見てもらい一番感触がよかった業者に買い取ってもらうことを心がけましょう。切手の中でも、「もう使わないだろうなあ」と思うようなものは「売りたい」という人も多くいると思います。その様な時には買取業者に送り査定を受けるという手法もあります。
もう使わないのなら、売ることをおすすめします。予想外に高く売れるかもしれません。

 

 

是非試してみましょう。
額面プラスアルファの価値がありそうな切手の場合、それを売りたいと思ったとき、見た目の状態をチェックされて切手の最終的な価値を決められます。ですから、現状を保ってどんな業者にも認められるようマニアの間で価値があると思われる切手を売ることをねらうのなら、売るときまで、切手の保管状況に気を配ることを忘れないでください。
切手を買い取ってほしい時、一番最初にやるべきことは、よくよく調べて、買取業者の中でも高く買い取りしているところを見つけるのが上手な進め方です。そんな時に、ネット上にあふれる口コミをチェックするのがいいでしょう。生の意見が書いてあり、業者選択の際の一助となるます。それだけではなく、業者の信頼度をはかるための貴重な根拠にもなり得ますのでいくつかのサイトを見てみるのをお勧めします。お札が破れたら銀行で交換してもらえるというのは知っている人も多いと思いますが、それでは破れてしまった切手の場合はどうなのでしょうか。実は郵便局は破れた切手を交換してはくれません。

 

そうであれば、破れてしまった切手は使うことが出来ないかというと、すごくひどいものは使用不可ですが、ほんの少しの破損ぐらいで、ちゃんと切手料金の表示が分かるぐらいの切手であればそのまま使用可能でしょう。ですが、買い取ってもらうというのは不可能に近いと思われます。

 

もし切手を売ろうとする場合、直接ショップに出向いていけば、即日買い取ってくれるようなお店が多数存在しています。

 

送るよりも手軽で、さらに、すぐに現金化できるため、急ぐ場合は大変有用です。目の前で査定をやってもらえるということも、安心できていいと思います。即日買い取ってもらう場合は本人の確認が出来る書類が必須ですから、免許証、保険証、パスポート等、必ず持って行ってください。

 

要らなくなった切手で、使っていないものがあれば買取してもらうために専門業者に依頼するのが賢いやり方です。

 

どこの業者に頼むかによって買い取ってもらえる値段に違いが出てきますのでできるだけ高価格で売りたければ、はじめに、幾ら位の値がつくのか鑑定してもらい、値段を比べるのがいいと思います。
それに加えて時期に合わせて相場も変わっていくため、買取表などといったものを公開しているホームページで目を通してみましょう。

 

買い取ってもらう予定で切手を業者に査定してもらっても、査定額が予想と異なっていたり、思い出のある切手だったりして、考え直し、家で保管したいと思うようになることもないとは言い切れません。査定額が出た後に買い取ってもらうのを辞退したいという場合であっても業者の中には、「キャンセル料は頂きません」というところもあります。査定を申し込む前に、無料査定が可能であるか、査定額を出してもらった後で取り消すときにお金を取られるか、といったことをしっかり確認しておきましょう。
たとえバラの切手だったとしても買い取ってもらうことが出来るのですね。
よく知らなかったのですが、買い取ってもらう時に切手を台紙にどう貼ればいいのかを見てみたところきちんと並べていないと認められないらしくちょっと躊躇してしまいます。とはいえ、買い取ってもらう時に貼りついている方が高いという事であれば、やってみてもいいかなと思えます。通常の場合、切手は郵便物を送る際に消印を押されて役割を果たすと要らなくなるでしょう。

 

 

 

普通はそうですが、そんな使った後の切手でも、もしもデザインだったり、希少性だったりに価値があると認められた場合、高価買取してもらえる場合もあります。

 

 

もし古い切手はあるけれど価値が自分では分かりかねるというのなら古切手の買取を行っている業者の査定を受けることをおすすめします。外国切手は一般的には使い道がないですが、海外の独特なデザインにより、一部では人気があったりすることも多く、思ったよりもコレクターが多く存在している切手だと言えます。そのため、買い取っている業者もたくさんあるのですが、価値が高いものでなかったときや、揃っていないコレクションであった時には取り扱ってくれないことも多いです。

 

 

切手を業者に買取して貰う時、多くは、切手の額面から何割か引いた額で買取が成立することが殆どです。

 

 

 

ですが、中にはコレクターに人気の価値ある切手もあり高い値段で売れることもあります。自分で買取に出そうと思っている切手にどのくらいの価値があるのか多少は把握できていた方が安心です。

 

 

知らない人はいないと思いますが、切手というのは元々は、郵便物に使う時のような大きさに切り離されて一枚ずつではないわけです。元は何枚かの切手がまとまった状態の切手シートという状態で出来上がります。
切手買取においては切手シートとなっていても買取はしてもらえて一枚ずつの切手での買取と比べ高く買い取られることになることが多いです。

 

父の長年のコレクションだった切手が遺されてしまいました。

 

 

処分の仕方で困っています。シートでまとまっているものも、そうでないものもあるのでコレクション全体を買い取っていただけるとそれがベストだと思います。保管状態はいいと思いますのでこの切手をぜひ欲しいという方に譲れれば嬉しいです。

 

 

思えば、多彩な切手を集めていたのですね。「切手を買取に出そう」という時、シートとして組になった状態で売ることをお勧めします。なぜならその方がレートが高くなるからです。ただし、仮に、手元にたくさんのバラの切手があるならば、より高いレートで買取ってもらうための裏ワザが存在します。
台紙に貼付する、というシンプルな方法です。

 

 

 

どういう風に貼ればよいかというと、まず、同じ額面の切手を50枚とA3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)を用意します。

 

それを縦5行、横10列になるように貼り付けるのです。
レートを上げるにはこういったことが必要で、この場合は10%ほど高くなることもあるくらいですので、記憶に留めておいてください。何年間もずっと切手集めをしている方にとっては買取に出すことは、かわいい我が子との別れぐらいの気持ちになってしまうのかもしれません。同じように我が子を手離してしまうのならなるべく高額買取が出来る業者を見つけ出すことをおすすめします。
同じ手離すにしても切手にとってはそうしてくれた方が本望だろうと思うからです。切手を高く買い取ってもらいたければ、やはり当然ですが、汚れていない綺麗なものの方が高く買い取られることになります。ですから、保管の仕方に気を付けて、取扱いの際は切手をピンセットでつかむなど保管状態に留意して、取扱いの際も注意しましょう。

 

 

 

常に保存状態に注意して、汚れないようにするのが大事です。